Skip to content

【ブログ】肌の仕組み

肌を美しく保つには、正しいお手入れが大切です。

正しいお手入れは肌の仕組みに基づいて作られています。

肌の仕組みを知る事で、お手入れの重要性が分かるのではないでしょうか?

 

 

肌は2層に分かれています。

肌の表面から約0.1~0.2ミリの層が「表皮」と言われています。

表皮の下にある層が「真皮」です。

表皮は、肌が生まれ変わる働きをしています。

これを、「新陳代謝」と呼んでいます。

新陳代謝がスムーズに行われている場合の周期は、約28日間です。

この周期が早くなったり、遅くなると、肌トラブルが起こります。

表皮の上の層は、角質層があります。

 

 

この層にある角質細胞は、肌の潤いを保つ働きや、外部の刺激から肌を守る働きをしています。

新陳代謝の周期が早いと、角質層が薄くなり、敏感肌になります。

新陳代謝が遅いと、古い角質が厚くなり、肌のくすみ、乾燥、ざらつきなどの肌トラブルが起きてしまいます。

また、メラニンを溜めこんでしまうので、シミにもなりやすくなります。

 

とにかく、新陳代謝をスムーズにすることが美肌への近道になります。

新陳代謝の周期を左右するのは、肌のお手入れも関係しています。

新陳代謝が早まった状態になるのは、お手入れの時にこすりすぎる方が多いようです。

洗顔やクリームを塗る時などに、ゴシゴシこすることで、角質層が薄くなってしまう状態になります。

やさしく扱う事で、改善されますので、気をつけましょう。

 

 

また、新陳代謝が遅くなるのは、洗顔不足が関係しています。

洗顔は、汚れ、皮脂、古い角質などを取り除きます。

これを怠ると、古い角質がどんどん溜まっていくので、新陳代謝が遅くなります。

もちろん、新陳代謝の乱れは、ストレス、生活習慣の乱れ、年齢などの様々な原因で変わります。

しかし、間違った肌のお手入れから、新陳代謝が乱れている方が多くいます。

なので、毎日いらないものを落とす事が大切です。

 

 

肌を不潔な状態にしていると、「顔ダニ」が増える原因にもなります。

ほとんどの人の肌には「顔ダニ」が存在します。

この顔ダニが増えすぎると、ニキビやかゆみなどの肌トラブルが起こります。

 

表皮の下にある、真皮は肌のハリを保つ働きをしています。

肌を指で押すと、はねかえってきますよね?

これは真皮の働きのおかげです。

真皮には、真皮成分と呼ばれる、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが存在します。

これらの成分が肌の弾力を作っています。

 

 

しかし、紫外線などの影響などで、コラーゲンなどが壊されてしまうと、肌を支える事ができなくなり、深いしわやたるみができてしまいます。

この為、紫外線から肌を守る事がとても大切です。

このように、肌の仕組みを知ることで、お手入れの大切さを身にしみたのではないでしょうか?

毎日のお手入れを美肌の為に欠かさず行いましょう!